漫画家に必要なスキル

漫画家に必要なスキル

漫画家に必要なスキル

想像力・発想力

これは漫画家が最重視されるポイントです。
漫画家は0の状態からストーリーや世界観、キャラクターを作り上げていく必要があるため、豊かな想像力や発想力が求められます。
想像力・発想力を高めるためには、日々色々な作品に目を通して着想やインスピレーションを深めることが大切です。

画力

漫画家は絵を描く仕事ですので、画力が大きく求められます。
また、作品の雰囲気を壊さないよう世界観やストーリーに合わせて絵を描くスキルも求められます。
そのほかにも、作品に迫力や疾走感をつけたり、シリアス感や緊迫感をつけるための描写センスも問われてきます。
画力を上げるためには独学で勉強を積むか、専門学校に通ってデザインの知識や技術を学ぶ必要があります。

構成力

構成力も漫画家に必要なスキルの1つです。
どんなに面白いストーリーが書けても、コマの割り方を間違えるとオチや盛り上がりに欠けてしまいます。
コマ割りをする時に重要なのは「数ページの中でどのコマを大きく魅せるべきか」しっかり理解しておくことです。
大きなコマは重要なシーン=最も盛り上がる部分を意味します。
全体の中で魅せたいコマが決まったら、後はそこに行き着くまでに必要なコマを重要度に合わせて決めていきます。

忍耐力・根気強さ

漫画を1つ作り上げるには、相当な時間と体力を費やす必要があります。
プロの漫画家になれば、締め切りに遅れないよう日々スケジュールを管理しながらストイックに漫画制作に勤しんでいかなければなりません。
そのため、漫画家として継続的に活動していくためには、ある程度の忍耐力や根気強さが求められます。

まとめ

このように漫画家には求められるスキルが非常に多いです。
将来漫画家になりたいという人は、ある程度の苦労を覚悟した上でデビューを目指していった方がいいでしょう。
専門学校では漫画家に必要な知識や技術を指導しているので、未経験から目指すという人は、専門学校への入学も今後の選択肢に入れておくといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする